マーケティングツールとその例

Posted by On 7月 25th, 2017 Under 未分類  

最近、マーケティングの業界では欠かせなくなっているマーケティングツール。インターネット普及に伴い、webを主体としたマーケティングツールが人気です。
○web主体のwebマーケティング
Webマーケティングの中でも、webを軸として行われるマーケティングはwebマーケティングと呼ばれています。これはwebサイトやwebサービスを使って行われているものです。
しかし本当にwebマーケティングと理解していくためにも、マーケティングを理解していかなければなりません。かの有名なピーター・ドラッカーは。マーケティングについて、「マーケティングの理想は販売を不要にする」と言っています。
これはどういう事かというと、売り込みせずに物が売れる状態にする事が、マーケティングの理想という事です。という事は、マーケティングにおいては「物が売れる」流れを作る活動という事でもあります。Webを中心に行われるマーケティングがwebマーケティングです。
○webマーケティングの大きな特徴とは
webマーケティングの大きな特徴として、施策の結果を全て数値で管理できるというのも大きな利点です。紙媒体であれば、どこで買ってどのページをどれだけ読まれたか推測するのはとても難しい事ですが、Webマーケティングであれば、どこから来て、誰が・どのページを・何回・何秒滞在したか、などの情報を見る事が可能となるでしょう。
○こんなマーケティングツールもあります
マーケティングツールの中には、Nibblerというのがあります。ちなみにNibblerの意味は「少しずつかじる」という事です。これは無料のwebサイト用テストツールです。
使い方もとてもシンプルで、アドレスを入力するだけでも、SEOやソーシャルメディアテクノロジーなどの観点から、ウェブサイトをクロールしてレポートを出してくれます。
これに加えて、適切な改善提案を示してくれるという事もあり、提案に基づいてサイトを修正していけば、かなりいいサイトに仕上がっていくでしょう。
サイトを細かく分析してくれるマーケティングツールです。

Tags:
Using wp_postviews

SEO対策はページやボリュームでも左右される?

Posted by On 7月 18th, 2017 Under 未分類  

SEO対策においては、ページのボリュームやページのタイトルはSEOにおいて重要なポイントです。対策キーワードを必ず含めて全角35文字程度、グーグルの場合は30文字程度が目安です。いずれにしてもできる限り簡潔に記述していきます。
○ページタイトル作成で見落としがちなポイント
スマートフォーンにおいては、検索結果に表示される文字数はかなり省略されてきます。そのため、重要なワードや伝えたいポイントはできる限り前に配置し、省略されても内容が理解できるように工夫していかなければいけません。
検索上位にあるwebsiteには、独自の切り口で深く掘り下げた内容で、キーワードテーマに関するトピックスを網羅したコンテンツがたくさんあります。また、コンテンツ量が多い方が統計的に見て上位表示に有利となります。しかしたとえコンテンツ量が多くても、ただやみくもに文字数が多いだけでは意味がありません。コンテンツの品質はちゃんと保っていき、ユーザーにとって満足いく内容でなければいけません。
○800~1000文字程度なら品質OK
どのくらいの文字数にすればいいのか具体的な正解はありませんが、800~1000文字程度であれば品質は粗悪にならず、内容の濃いコンテンツだと認識されやすいです。比較的難易度の高いキーワードでも、2000~4000文字程度のコンテンツは順位がアップしやすいです。SEOでやるべきことのまとめ

Tags:
Using wp_postviews

コンテンツマーケティングで大事な3点

Posted by On 7月 11th, 2017 Under 未分類  

みなさまこんにちは。コンテンツマーケティングが流行っていますよね。コンテンツマーケティングとは消費者に有益な情報(コンテンツ)を作ることで、サイトの認知度を上昇させて、ユーザーからの評価を上げることが主な目的です。
もっと目的を具体化すると評価をあげて、発リンクを作ってもらい、流入を増やして、商品の購入へと促すことがの目的です。
この目的に沿うのが有益なコンテンツの作成なのですね。
さて本題です。コンテンツマーケティングではこの3つを守りましょう。
1. キーワードの選定
良質なキーワードを選びます。その基準はボリュームか入札単価です。人を呼びたいときはボリューム、購入を増やしたいときは入札単価を選びましょう。
2. 質の高いコンテンツ作成
 良いキーワードを選んでも、その内容が明確で有益でなくては、評価を得られません。自社サイトの権威をあげれるようなコンテンツ作成が大事です。
3. SEO対策
上記2点ができたら、検索順位を上げる対策をしましょう。
どんなにいいものを作っても人の目に触れなければ意味がありません。
以上がコンテンツマーケティングで情雨ような4点です。本記事はコンテンツマーケティングを参照しました。

Tags:
Using wp_postviews

マーケティングPEST分析

Posted by On 7月 4th, 2017 Under 未分類  

みなさまこんにちは。pest分析の話をしていきます。PEST分析とはマクロ環境を効率的に分析するマーケティングです。PESTとはPolitics、Economy、Society、Technologyの頭文字を取ったものです。
マクロ環境はビジネス知識として必須なのではないでそゆか。PEST分析は企業に影響を与えやすいマクロ環境を広範囲にわたって探るのに適切なマーケティングツールです。
PEST分析は頻繁にすることなく数年(3~5年)にわけて行います。PEST分析で結果を前もって予測することは難しいですがマクロ環境変化の時に仮説を立てることで行動ができます。
商品には製品ライフサイクルがありますね。商品が定着する市場には何かしらのトリガーがあります。さらに商売を行うと一気に波に乗ってしまう企業があります。この波には様々な要因が関わりを持っています。その要因をを把握することで現状を分析しリスクを回避できるマーケティング分析には大事です。
PEST分析では4つの分野にマクロ環境を分割し自社が受ける影響を分析します。PEST分析の4つの分野とは政治面、経済面、社会・ライフスタイル面、技術面の事です。
マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。

Tags:
Using wp_postviews

SEO対策する事でどのような効果が得られるの?その期間は?

Posted by On 6月 29th, 2017 Under 未分類  

皆さんこんにちは。
最近IT業界でよく聞く「SEO」という用語ですが、これはヤフーやグーグルなどの検索エンジンで、ホームページを上位表示させるためのテクニックです。それでは実際にSEO対策する事によって、どんな効果が期待できるのでしょうか。


SEO対策する事にどんな効果があるのか
SEO対策を行う事で、サイトの価値がグンとアップし、検索順位が上昇します。検索順位が上昇した事によってトラフィックも高まってくるでしょう。自社のホームページの順位を上げていき、トラフィック増加を目指していきながらSEO対策していきます。


SEO対策の成果はどれくらいで出てくるか
SEOの効果が出るまでの期間は、数分後や数日後など様々です。基本的にはクローラー(リンクをたどってwebサイトを巡回して検索エンジンの登録を促すエンジン型ロボット)と呼ばれるものがサイトを認識していき、SEO効果がもたらされます。


グーグルの使用に合わせるのが基本
SEO対策においては、世界や日本で最もシェア率の高いグーグル検索エンジンの仕様に合わせる事が不可欠です。あくまでもユーザーのニーズにあった価値あるサイトを作成しなければ、クローラーはサイトを認識してくれません。

SEO対策参考資料

Tags:
Using wp_postviews

オウンドメディアの概要

Posted by On 6月 23rd, 2017 Under 未分類  

“analytics”

オウンドメディアディアはブログやサイト、電子メールのように自らがコントロール可能なコミュニケーションチャネルを指しています。オウンドメディアに対するチャネル(集客するための媒体、経路)として「ペイドメディア」というのがありますが、これは主に伝統的な広告の事です。


オウンドメディアって何?


オウンドメディアはイベントやニュース記事、コラムなど多種多様な形式のコンテンツの事で、一般的にオウンドメディアの活用はペイメディアに比べると最も費用効果は高くなります。本来デジタルメディアはマスメディアに対立するものとしてとらえられていますが、会社の発行するパンフレットやネットの自社ウェブサイトの事を表しています。ブログなど企業や組織が所有し、ユーザーに向けて発信する媒体であり、「ペイドメディア」や「アーンドメディア」と合わせた企業マーケティングで、3つの核メディアとして「トリプルメディア・フレームワーク」というのもあります。


オウンドメディアの対義語である「ペイドメディア」って何?


オウンドメディアに対する言葉として「アーンドメディア」というのがあります。アーンドメディアは購入や所有できないコミュニケーションチャネルを指しています。コンテンツに話題性がある時だけコミュニケーションが得られるでしょう。対比による影響も大きく、メディアは新聞やテレビ、ラジオやネットのような全てのマスメディアを含んでいます。

オウンドメディアマーケティングとは

Tags:
Using wp_postviews

マーケティングツールを探す前に分析・比較

Posted by On 6月 16th, 2017 Under 未分類  

“market”

マーケティングツールを使って何を達成したいのかという目的が明確化してくれば、その目的を達成してくれるツールを探す事になります。この時大切なのは、マーケティングツールだけを判断するのではなく、いくつものツールを見て比較しながらより良いものを選ぶ事です。

5ツールを比較していく 現在はどんなジャンルのマーケティングツールも存在しています。勿論ライバルの多いジャンルで全部のツールを比較するのは時間もかかり、無理があるのでせめて5ツールくらいは比較しておくべきでしょう。比較する事はとても大事な事です。 webサイトをリサーチする、営業マンの話を聞くなどしていると、比較ポイントも見えてくるでしょう。

目的がはっきりすれば、あとはその目的をかなえてくれるマーケティングツールを探すだけです。いくつかのマーケティングツールを使用したコンテンツ作成と連携させる、広告出稿と連携する事も考えられます。一つのツールメーカーだけに絞るのは難しいでしょう。

まとめ ニュートラルな比較をしていき、幅広い運用まで協力してくれるようなマーケティング系の代理店に相談するのも選択肢の一つです。

http://www.listeningmind.com/マーケティングツール/

Tags:
Using wp_postviews

マーケティングツールの勧め

Posted by On 6月 9th, 2017 Under 未分類  

“mrt”

みなさまこんにちは。今回はなぜマーケティングツールが急増してきたのかを話していきます。 最近マーケティングツールを開発して様々なツールが出てきています。また、それを利用する企業ももちろん増えています。それは一体なぜなのでしょうか?

データ分析こそマーケティングの基本

マーケティンングツールの一番の機能はデータの分析です。統計を取ってそのデータをもとに対策を練ります。様々なマーケティングツールが出てきていますが、職種によって必要なデータが違います。それがこんなにもマーケティングツールが増えた要因でしょう。マーケティングツールが増える中でどのツールを選ぶか決める際は自社の職種にあったものを選びましょう。ECサイトならウェブ接客ツールなど本当に多種多様です。また、コストのかからないツールが日本ではよく活用されていますが、実際に使うならコストがかかるものの方がいいです。なぜなら、結局長く利用するには、必要な機能が多く揃っている方が有効な場合が多いからです。

マーケティングツール 「リスニングマインド」とは?

Tags:
Using wp_postviews

検索エンジンは日々の現状確認が大切

Posted by On 6月 3rd, 2017 Under 未分類  

“owd”
みなさまこんにちは。今回は検索エンジンの結果を日々確認することについてお話しします。
検索エンジン上に表示されるコンテンツですが、実は日々順位が変動します。それらにはいくつか理由があります。
1. 更新データが新しいページが上位になりやすい。
2. 日々のSEO対策による変化
3. 検索エンジンの仕様変更
ざっと並べると、上記の3点になります。
このことから、自分のサイトが上位に上がるためには、よく更新を行い、SEO対策をまめにして、検索エンジンの仕様を頑張って研究(?)することが大事です。正直、検索エンジンの仕様変更は対策しようがないのであまり気にしなくてもいいかもしれません。
一言でまとめると、「地道にコンテンツを充実させていく」、これに尽きると思います。それらのPDCAをいかに効率化できるかが検索順位で上位にいるための秘訣です。
本記事はSEOを参照しました。

Tags:
Using wp_postviews

2017年の主要なデジタルマーケティング手法7つ

Posted by On 5月 27th, 2017 Under 未分類  

“marketing”


1.コンテンツマーケティング


コンテンツマーケティングは、過去3年間Top 3デジタルマーケティングを論じるときは、常に欠かさず登場しました。今後は、対話型マーケティングアプリケーションとコンテンツをパーソナライズ推薦してくれる個人のツールをたくさん会ってみることができます。


2.ビッグデータ


既に述べたように、ビッグデータには、市場と顧客への洞察は、予測分析の両方が含まれます。


3.マーケティング自動化(CRM、ウェブや電子メールマーケティングのパーソナライゼーション)


コンテンツマーケティングに加えて、過去3年間Top 3を占めてきたマーケティング手法です。下のアンケート結果にも示したとおり、は、まだ多くの企業がマーケティング自動化システムの導入と改善を検討しています。


4.モバイルマーケティング(モバイル広告、モバイルウェブ&アプリ開発)


最近のGoogleの検索アルゴリズムは、モバイル最適化を重要視しているため、検索エンジンマーケティングのモバイル最適化作業も見逃せない部分です。


単純な「モバイルファースト」は、他のデバイスでも異なるポイントにアクセスすることができますので、総合的な顧客の旅(Customer Journey)次元で見ると、適切な方向はありません。したがって、モバイル戦略についての最もよいアプローチをモバイルファーストではなく、携帯電話をマルチチャネル戦略の次元で、1つのチャンネルとみなすことです。


5.ソーシャルCRMとソーシャルサポートを含むソーシャルメディアマーケティング


最近のソーシャルメディアマーケティングの統計資料を見ると、いくつかの国では、いくつかのソーシャルメディアサービスの人気が減少してはいるが、全体的ソーシャルメディアのユーザー数は絶えず増加していることがわかります。


6.コンバージョン率の最適化/ウェブサイトの経験の改善


昨年より人気が高くなったが、まだ多くの企業がリードとセールスを増大するために、データ中心のアプローチを逃しています。以下は進行しているテストの数をさらに増やしたいどの大企業のテスト結果チャートです。わずか3分の1に該当するテストのみが肯定的に示されたため、テストをさらに拡張する必要があり見えます。だけでなく、テストを拡張している場合、競合他社がどのように追い越しているか確認することができます。

マーケティングツールとは

Tags:
Using wp_postviews