オウンドメディアマーケティングとコンテンツマーケティングについて何が違うの?

Posted by On 9月 20th, 2017 Under 未分類  

最近オウンドメディアマーケティングという言葉をよく耳にしますよね。
コンテンツと言えば動画や音声、webセミナー、資料ダウンロードなど様々な形式のものがありますが、最もお手軽に導入できると言えば、ブログなどによるテキスト中心のコンテンツ配信です。
○無料ブログは使わない方がいい
ライブドアブログやアメブロなどの無料ブログを用いるという方法もありますが、ビジネスブログは長期的に運用すべきものなので、オウンドメディアマーケティングにおいては、ドメインの強化につながらないような無料ブログは使わない方がいいです。
○ビジネスブログがおすすめ
オウンドメディアマーケティングではビジネスブログを使うのがおすすめです。
テキスト中心の記事をコンテンツにする事によって、集客しやすくなるからです。さらに、他のメディア形式と比べるとコンテンツも作りやすくなります。オウンドメディアを立ち上げてコンテンツを配信しても、ターゲットとするユーザーに見られなければ全く意味がありません。この時ポイントになってくるのが、検索エンジンを経由した流入です。
SEO関連の機能を持ったCMSやプラットフォームを使ったオウンドメディアであれば、はじめから検索エンジン対策がある程度行われているので、費やすコストは削減できるでしょう。
記事に関しても、ユーザーが求めていて自社が持ち合わせるノウハウなどをコンテンツにすればいいので、気軽に導入できます。オウンドメディアマーケティング -にはトリプルメディアの定義を理解する必要あり

Tags:
Using wp_postviews

オウンドメディアの短所とは?

Posted by On 9月 13th, 2017 Under 未分類  

みなさん、こんにちは。今回はオウンドメディアマーケティングの短所とは何かについて話していきたいと思います。
まず1つ目は、企画に緻密さが求められるということです。
例えば、「情報はどこまでの範囲を提供するか?」「サンプルとなる記事の作成をどうするか?」「情報の受け手であるターゲットは誰にするのか?」「購入にいたるまでのプロセスを明確にし、仕組みをどう考えるのか?」などを綿密に企画しなければならず、時間もかかるため、あまり短期的な成果は期待できません。
次に2つ目は、メディアの立ち上げに時間がかかるということです。
自社メディアを立ち上げるには、相応の情報量がまず必要となりますが、SEOでの上位表示を考えると、100ページ以上は立ち上げから用意しなくてはなりません。そのため、立ち上げのための記事作成は非常に時間がかかるのです。
最後に3つ目は、購入への導線作りにも時間がかかるということです。
自社メディアを立ち上げ、アクセス増へと結びつけても、購入導線ができていなければ意味がないため、仕組みづくりに時間がかかるといった短所があるのです。
オウンドメディア事例をみていいところを参考にしよう!

Tags:
Using wp_postviews

オウンドメディアのテーマ設定や企画の方法について

Posted by On 9月 6th, 2017 Under 未分類  

オウンドメディアを立ち上げるといっても、テーマが決まっていないことには何を軸にして立ち上げればいいのかわかりませんよね。といってもテーマの決め方がわからない、企画できない…と、なかなかオウンドメディア制作が進まない企業も多いでしょう。
○テーマの決め方がわからない時
オウンドメディアを開始するといっても、まずはテーマが思い当たらないとい場合は、
すでに公開されているwebページや書籍からヒントが得られます。
○記事テーマの構成が決まった後は…
記事のテーマが決まり、構成も大よそ決まったなら、テーマごとの記事の企画へ入っていきます。記事の企画は外注する事もできますが、自社内で行っているルーティーンにもテーマのヒントが隠されている事があります。
テーマはバラエティ豊かな方が中身も充実してサイトの質も上がります。
PV数の状況を見ながら獲得できるようなテーマを、より濃くしていくのもいいでしょう。
○自社の情報から取り出す
日頃サービスを運営していく中で得られる情報や要望から、テーマを企画していく方法があります。お客さんから注文のあったテーマなどを参考にし、御客さん求めているトピックを挙げていきます。既存記事から関連テーマへ移行させるというのもおすすめです。
内容は濃くしていきます。オウンドメディアに人々の関心が集まっています。

Tags:
Using wp_postviews

マーケティングの分析法「SWOT分析」とは

Posted by On 8月 29th, 2017 Under 未分類  

マーケティングでは、分析していく事が必要不可欠です。戦略を具体的に立てる前に、「分析」が必要となります。その分析法の中にはいくつか方法があります。
○SWOT分析
マーケティングの分析法の中には、「SWOT分析」という方法があります。
こちらはマーケティングや起業、事業の戦略策定をするための分析法で、SWOTとは次のような言葉を略したものです。
・Strength…強み
・Weakness…弱み
・Opportunity…機会
・Threat…脅威
SWOT分析は分析する時よく使われるフレームワークであり、上記で挙げました4つの項目を基礎として、自社をとりまく外部環境や自社の内部環境を明確にする事により、新たなビジネスチャンスを可能にするものです。
○SWOT分析は商品のマーケティングにおすすめの方法?
SWOT分析は、商品のマーケティング戦略を練る時によく使われる分析法です。顧客のニーズは日々変わっていきます。そのため、業界の環境やライバルの状況、政治動向や法律、景気変動といった外部環境や社員の多様性も分析していきます。リスニングマインドを使ったマーケティング分析です。

Tags:
Using wp_postviews

2つのメディアについて

Posted by On 8月 22nd, 2017 Under 未分類  

オウンドメディアは、ブランドの見識を高めることが目的。メディアなどの影響力を活用です。もちろん、投資が必要とされていることです。。しかし、最近アンドメディアでは、企業のマーケティングとソーシャルメディアマーケティングを使用して作成されたソーシャルネットワークやブログ、その他のコミュニティ内のなどいろいろ使います。これは、ブロガーなど忠実な顧客を含むインフルエンさーのような他のタイプのオンラインユーザで構築されます。また、オンラインとオフラインの両方で生成され、拡散される会話もアーンドメディアになります。
訪問者の流入と、コンテンツの露出、そして転換のために有料で行われる検索、ディスプレイ広告やアフィリエイトマーケティングを意味します。印刷、TV広告およびダイレクトメールなどの伝統的なメディアは、いまだペイドメディアは企業予算の大半を使います。ソーシャルメディアを活用がアーンドメディアの鍵です。

Tags:
Using wp_postviews

アクセス解析や顧客解析に役立つマーケティングツールとは

Posted by On 8月 16th, 2017 Under 未分類  

最近ではデジタルマーケティングに取り組む企業が増えてきています。知っておいても損しませんが、選りすぐりのマーケティングツールを厳選して使っていく事をオススメします。
○アクセス解析ならGoogle Analytics
アクセス解析は、webマーケティングにおいて重要なマーケティングツールです。当然取り入れている会社がほとんどでしょう。例えば「Google Analytics」をサイトチェックに用いる事も可能です。しかしGoogle Analytics以外にもアクセス解析できるマーケティングツールがあるので、意外と知らない人も多いのでは?
無料で利用できるアクセス解析ツールなので利用しておくとお得です。アクセス解析と言えば「Google Analytics」というくらい代表的なマーケティングツールです。
このマーケティングツールを使うと、サイトの直帰率やページの滞在期間、ページビュー数や流入経路までたどりつく事ができるので、websiteの解析にとってはもはや定番でしょう。
○顧客管理ならSales Cloud
Sales Cloudとは世界最大級のクラウド型顧客管理ベンダーです。営業管理や支援システムにおいては、世界最大規模のユーザー数を誇る営業生産性の向上に役立つマーケティングツールです。デモの確認や体験もできるので有用性が高いです。
無料のアクセス解析ツール/オススメです。

Tags:
Using wp_postviews

検索エンジン最適化って何?最適化の意味や特徴について

Posted by On 8月 7th, 2017 Under 未分類  

最近はSEOという用語が出てきているので、「検索エンジン最適化」という言葉はあまり
使われなくなってきています。検索エンジン最適化を平たく言うと、グーグルやヤフーなどのロボット型検索エンジンにとって最適なものにし、検索で上位に表示させるように仕組んでいく事です。
○検索エンジン最適化の最適化ってどういうことなの?
検索エンジン最適化の「最適化」とはどういう事か気になりませんか。
検索エンジン最適化は要するに、検索エンジンが一番快適に感じるように、サイトのキーワードの仕様や構造を設定していく事です。
○検索エンジン最適化はすぐに効果が出るわけじゃない?
検索エンジン最適化は、すぐに効果が出るものではないという事をまず認識しておきましょう。また、希望する順位になったらそこで業務をストップしていいわけでもありません。常に新たに更新していき、時には調整しながら継続していく必要があります。
新たなライバルも続々出てきてしまうので、あなたよりも高い順位を狙おうとしているライバルと競争していかなければ上位は勝ち取れません。
検索エンジン最適化では検索の上位を狙っていき、それをキープするためにも根気や注意力が必要です。インバウンドマーケティングと検索エンジン最適化を駆使しましょう。

Tags:
Using wp_postviews

マーケティングツールとその例

Posted by On 7月 25th, 2017 Under 未分類  

最近、マーケティングの業界では欠かせなくなっているマーケティングツール。インターネット普及に伴い、webを主体としたマーケティングツールが人気です。
○web主体のwebマーケティング
Webマーケティングの中でも、webを軸として行われるマーケティングはwebマーケティングと呼ばれています。これはwebサイトやwebサービスを使って行われているものです。
しかし本当にwebマーケティングと理解していくためにも、マーケティングを理解していかなければなりません。かの有名なピーター・ドラッカーは。マーケティングについて、「マーケティングの理想は販売を不要にする」と言っています。
これはどういう事かというと、売り込みせずに物が売れる状態にする事が、マーケティングの理想という事です。という事は、マーケティングにおいては「物が売れる」流れを作る活動という事でもあります。Webを中心に行われるマーケティングがwebマーケティングです。
○webマーケティングの大きな特徴とは
webマーケティングの大きな特徴として、施策の結果を全て数値で管理できるというのも大きな利点です。紙媒体であれば、どこで買ってどのページをどれだけ読まれたか推測するのはとても難しい事ですが、Webマーケティングであれば、どこから来て、誰が・どのページを・何回・何秒滞在したか、などの情報を見る事が可能となるでしょう。
○こんなマーケティングツールもあります
マーケティングツールの中には、Nibblerというのがあります。ちなみにNibblerの意味は「少しずつかじる」という事です。これは無料のwebサイト用テストツールです。
使い方もとてもシンプルで、アドレスを入力するだけでも、SEOやソーシャルメディアテクノロジーなどの観点から、ウェブサイトをクロールしてレポートを出してくれます。
これに加えて、適切な改善提案を示してくれるという事もあり、提案に基づいてサイトを修正していけば、かなりいいサイトに仕上がっていくでしょう。
サイトを細かく分析してくれるマーケティングツールです。

Tags:
Using wp_postviews

SEO対策はページやボリュームでも左右される?

Posted by On 7月 18th, 2017 Under 未分類  

SEO対策においては、ページのボリュームやページのタイトルはSEOにおいて重要なポイントです。対策キーワードを必ず含めて全角35文字程度、グーグルの場合は30文字程度が目安です。いずれにしてもできる限り簡潔に記述していきます。
○ページタイトル作成で見落としがちなポイント
スマートフォーンにおいては、検索結果に表示される文字数はかなり省略されてきます。そのため、重要なワードや伝えたいポイントはできる限り前に配置し、省略されても内容が理解できるように工夫していかなければいけません。
検索上位にあるwebsiteには、独自の切り口で深く掘り下げた内容で、キーワードテーマに関するトピックスを網羅したコンテンツがたくさんあります。また、コンテンツ量が多い方が統計的に見て上位表示に有利となります。しかしたとえコンテンツ量が多くても、ただやみくもに文字数が多いだけでは意味がありません。コンテンツの品質はちゃんと保っていき、ユーザーにとって満足いく内容でなければいけません。
○800~1000文字程度なら品質OK
どのくらいの文字数にすればいいのか具体的な正解はありませんが、800~1000文字程度であれば品質は粗悪にならず、内容の濃いコンテンツだと認識されやすいです。比較的難易度の高いキーワードでも、2000~4000文字程度のコンテンツは順位がアップしやすいです。SEOでやるべきことのまとめ

Tags:
Using wp_postviews

コンテンツマーケティングで大事な3点

Posted by On 7月 11th, 2017 Under 未分類  

みなさまこんにちは。コンテンツマーケティングが流行っていますよね。コンテンツマーケティングとは消費者に有益な情報(コンテンツ)を作ることで、サイトの認知度を上昇させて、ユーザーからの評価を上げることが主な目的です。
もっと目的を具体化すると評価をあげて、発リンクを作ってもらい、流入を増やして、商品の購入へと促すことがの目的です。
この目的に沿うのが有益なコンテンツの作成なのですね。
さて本題です。コンテンツマーケティングではこの3つを守りましょう。
1. キーワードの選定
良質なキーワードを選びます。その基準はボリュームか入札単価です。人を呼びたいときはボリューム、購入を増やしたいときは入札単価を選びましょう。
2. 質の高いコンテンツ作成
 良いキーワードを選んでも、その内容が明確で有益でなくては、評価を得られません。自社サイトの権威をあげれるようなコンテンツ作成が大事です。
3. SEO対策
上記2点ができたら、検索順位を上げる対策をしましょう。
どんなにいいものを作っても人の目に触れなければ意味がありません。
以上がコンテンツマーケティングで情雨ような4点です。本記事はコンテンツマーケティングを参照しました。

Tags:
Using wp_postviews